悩み別ブラジャーの選び方

おっぱいの形、大きさというのは、人それぞれ。
その人に合った最適なブラジャーを選ぶことが美乳作りには欠かせないのですが、この最適なブラジャー選びというのが、意外に難しい。
たとえば、一般にはトップやアンダーなどサイズを測り、そのサイズにぴったりのブラジャーを選ぶでしょうが、美乳作りにとってはブラをサイズだけで選ぶのは危険です。
というのも、人間の体というのは毎日変化します。
それこそ、おっぱいのサイズも日々変化しています。
ですから、あまりピッタリすぎるときつくなりすぎて、血行が悪くなったりしますし、下手をすれば、体調自体も悪くなったりします。
ブラジャーを選ぶ際は、実際に試着をして、付け心地が良いかどうかをしっかり確認するようにしましょう。
では、悩み別のブラジャー選びを紹介します。

おっぱいが小さい人のブラジャー選び

胸が小さいからといって、おっぱいの形が崩れないというわけではありません。
どんなに胸が小さくても、年齢とともにおっぱいは重力につられて垂れ下がってしまいますし、両サイドに流れていきます。
そうならないためにも、ノーブラは絶対に止めて、谷間が美しく見えるような3/4カップやパッドつきのブラジャーを選ぶようにしましょう。
そして、脇に流れているおっぱいのお肉をしっかり集めてカップに収められるようなブラジャーを選ぶことで胸の谷間が出来るようになります。

胸が離れていている

おっぱいが左右に離れているバストは、ちょっと切ないですよね。
ですが、こういう悩みを抱えている方はサイドからおっぱいをしっかりとブラのカップに収めることが出来るようなワイヤーやパッド入りのブラを選ぶようにしましょう。
ブラジャーには、脇から形を整えてきれいな谷間を作ってくれる補整力のあるブラジャーがありますから、そういうブラジャーで美乳を作っていきましょう。

垂れ乳が気になる人

垂れ乳は、意外に年齢を問わず悩んでいる方が多いです。
垂れ乳こそ、しっかりしたブラジャー選びが重要になります。
垂れ乳をキレイに見せるには、ワイヤーでしっかりと下から支え、持ち上げることができるようにブラジャー選びをしましょう。
そのために、バストの重みをしっかりと支えることがような肩紐の付け根部分が幅広いものを選ぶのがポイントになります。
ブラジャーの中には、しっかりとバストの重みを支えてくれて上向きにしてくれるタイプのブラジャーがあるので、店員さんに相談してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ