美乳になるためのブラジャーの選び方とつけ方

自分の胸にぴったり合うブラジャー選びは、美乳、美バストを作るうえでは非常に重要。
ブラジャー選び一つで、バストの型崩れは防げますし、正しいつけ方でバストアップや
おっぱいの垂れ、脇流れなどを防げるもの。

ブラジャー選びのポイント

ブラジャーを選ぶ際、多くの女性がアンダーとカップサイズだけで選んでいるようです。
ですが、美乳を作る上でこの選び方はよくありません。
ブラジャーというのはどれも同じ!って思っているかもしれませんが、ブラジャーのサイズというのは、同じサイズでもメーカーによってアンダーの長さやカップの深さというものが微妙に違うものです。
ですから、ブラジャーを選ぶ際は、必ず試着をしてから自分にピッタリ合っているかを確認してから買うようにしましょう。
また、気をつけたいポイントに骨格というものがあります。
骨格によって、アンダーベルトへの力の伝わり方が違ってきます。
たとえば、日本人の場合、体に厚みが少ない薄型の楕円の骨格が多いですが、そういう方がアンダーのサイズに合わせてブラを選ぶと、おっぱいとカップの位置が合わず、おっぱいが横に引っ張られてしまします。

ブラジャーのつけ方

ブラジャーのつけ方次第でバストの形が崩れてしまいます。
ですが、正しいつけ方をすれば胸の谷間がしっかりとできるし、デコルテも豊かになってバスト全体のボリュームがアップします。
では、正しいブラジャーのつけ方とはどのようなつけ方なのでしょう。
胸が型崩れしないブラジャーのつけ方を紹介します。
 ・ 肩紐を肩にかけたら、ワイヤー部分を持って、カップで
   バストをすくうように入れる
 ・ 背中のホックを留めたら背中の筋肉に合うように、
   アンダーベルトを肩甲骨下あたりまで下げる
 ・ 肩紐が長すぎず、短すぎないように、長さを調節
 ・ 最後に、ワイヤーを抑えながら、手で脇の下から
   バストをカップの中に寄せる
これを間違うと、垂れ乳やわき流れ乳、離れ乳になってしまうので気をつけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ